⑥ 構造材は国産材(杉)をプレカット加工

構造材はすべて国産材を使用しています。現在、住宅建材として一番多く使われている輸入材であるホワイトウッド(総称・スプルース等)は、高温多湿の日本と違う環境で育ったため、蟻と腐朽菌に弱い木といえます。日本の風土に合った桧や杉が輸入構造材(スプルース、米栂、米松、赤松)等に比べ木材腐巧菌や白蟻に対して耐腐・耐蟻性能を持っていることは各研究機関で証明されています。また、構造材はCADで設計されたデータをもとに、すべて工場にてコンピューター制御で加工しています。これにって精密な加工を行い、より安定した高品質な家づくりが可能となります。